刑事事件

川口市の刑事事件の最新動向

川口市の刑事事件の最新動向

川口市は埼玉県の東南部に位置し、東京都の北区、板橋区、足立区などと非常に近いためベッドタウンとしても知名度がある地域です。

平成30年時点での人口は600,050人であり、さいたま市に続いて県内で2番目に人口が多い自治体です。

また、川口市は外国人の居住者が比較的多いことでも知られており、33,279人の外国人が暮らしているそうです。

川口市には外国人に日本語を教えるボランティア団体が多いようで、川口市を希望する中国人が多いそうです。

そんな川口市の刑事事件の動向について見ていきたいと思います。

【統計元サイト】川口市・埼玉県・全国 刑法犯認知件

1.刑法犯の認知件数は大幅に減少している

川口市は平成16年当時、年間で16,314件もの犯罪認知件数がありました。

そこから地域や県警の努力の甲斐もあり、平成28年では年間で6,148件まで大幅に減少しました。

※川口市 直近5年間の刑法犯認知件数の推移
平成24年:8,954件
平成25年:7,786件
平成26年:6,406件
平成27年:6,066件
平成28年:6,148件

川口市は今もなお人口が増え続けている地域ですが、犯罪認知件数は減少している非常に優秀な地域と言えるでしょう。

2.川口市の刑法犯罪の多くは自転車盗難事件

平成29年12月末時点での川口市の1年間の犯罪認知件数は5,757件で、そのうちの1,780件が自転車の盗難事件でした。

自転車は購入時に盗難登録をしますので、盗難にあったとしても、後に見つかるケースもあります。

ただ、ほとんどのケースでそのまま見つからないようです。

川口市の広報でも、自転車の盗難事件が急増していることを注意喚起しています。自転車盗難を防止するためには、既存の鍵だけではなく、もう一つ鍵を設置する「ワンサイクルツーロック」が有効なようです。

また、川口駅前の路上放置自転車や違法駐輪も自転車盗難を助長するため、必ず駐輪場など決められた場所に駐輪することを心がけることも大切です。

なお、川口市では、自転車盗難事件を減らすため、以下の相談センターを設置しています。

市民相談コーナー:048-258-1110

また、盗難に続いて多いのが車上ねらいです。無施錠の車から現金やクレジットカードなどが盗まれる事件が多発しています。

車上荒らしは無施錠の車を狙う傾向があるそうで、慣れた地元の地域で犯行を繰り返すそうです。

車を駐車する際には、どんなに短時間だったとしても必ず施錠することを心がけましょう。

3.川口市内で刑事事件の発生が多い場所

平成30年4月に発生した川口市内での犯罪件数を地域別にまとめると、事件発生が多い地域は以下の通りです。

    1. 横曽根地区(74件)
    2. 青木地区(63件)
    3. 芝地区(59件)
    4. 戸塚地区・中央地区(46件)

【参考資料】平成30年4月中の町丁字別の犯罪発生状況

最も件数の多かった横曽根地区ですが、中でも並木2丁目で14件、西川口1丁目で14件発生しています。並木2丁目といえばJR東北本線の西川口駅前東口のエリア、西川口1丁目といえば同駅西口のエリアです。

どちらも西川口駅周辺ですので、近くにお住まいの方は防犯意識を高める必要があるでしょう。

また、西川口駅周辺の防犯対策の一環として、川口警察署および埼玉県南部地域振興センター、JR西川口駅、地元町会や商店街、防犯団体などが協力して、西川口駅前周辺の「クリーンタウン作戦」が実施されました。

4.振り込め詐欺には依然として注意が必要

埼玉県内では平成30年1月から4月末までの間ですでに438件もの振り込め詐欺が発生しています。

そのうち13件が川口市で発生しており、被害金額は1,012万円にものぼるそうです。

最近の手口としては、

  • 携帯電話を紛失したとうそをつく
  • 医療費の還付金を装う
  • キャッシュカードを預かろうとする
  • 訴訟最終通告のお知らせ、などといった書面を送りつける

などが多く見られます。

中でも還付金の振り込め詐欺被害が多いようで、市役所や社会保険庁、税務署などの職員になりすまして電話をかけ、「還付金があります」などと偽ってATMまで誘導して現金を振り込ませる手口です。

これを受け、川口市では犯罪情報の配信サービス「きらり川口情報メール配信サービス」を行っています。希望する方は川口市の情報政策課にお問い合わせください。

川口市では専用の防犯対策室を設置していますので、不審に感じたらすぐに連絡しましょう。

川口市防犯対策室:048-242-6361

5.不審な電話にも注意が必要

また、最近では、川口市内では不審な電話が増えているようです。

保健センターや健康保険センターなどと偽って名乗り、家族構成や健康状態などの個人情報を聞き出そうとするようです。場合によっては、「これから注射に行きます」と言われるケースもあるようです。

個人情報が漏れ出ると、その情報が振り込め詐欺に悪用される可能性があるため大変危険です。上記のような電話がかかってきた際には電話をすぐに切って川口市保健センターまで連絡してください。

川口市保健センター:048-256-2022

6.もしも逮捕されたらすぐに弁護士に連絡を

川口市にお住まいの方は、電車通勤で都内に通っている方も多いことと思います。

万が一、痴漢などで逮捕されたり、冤罪の濡れ衣を着せられそうになったりしたら、できる限り早い段階で弁護士にご相談ください。

場合によっては、家族の方からのご連絡でも対応が可能です。痴漢事件などで逮捕された場合は、初期の対応によってその後の生活に与える影響が大幅に変わってきます。

起訴されて有罪になる最悪のケースを回避するためにも、できる限り早めに相談することをおすすめします。

7.川口市内の犯罪の発生状況

千葉県警の統計データにおける、川口市内の犯罪発生状況についてまとめてみました。

平成29年の犯罪認知件数合計:5,758件

  • 路上強盗:6件
  • ひったくり:76件
  • 住宅対象侵入盗:134件
  • 自動車盗:55件
  • オートバイ盗:162件
  • 自転車盗:1,780件
  • 車上ねらい:359件
  • 部品ねらい:183件

また、川口市の管轄裁判所は以下の通りです。

川口簡易裁判所:048-252-3770 埼玉県川口市中青木2-22-5

さいたま地方・家庭裁判所:048-863-8587 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45

東京高等裁判所:03-3581-5411 東京都千代田区霞が関1-1-4

無料相談受付中! Tel: 0120-011-443 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-011-443
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ