交通事故

交通事故の損害賠償を弁護士に相談するメリット

交通事故の損害賠償を弁護士に相談するメリット

交通事故に遭ったとき、弁護士に相談した方がよいのかどうかで悩む方は多いと思います。

交通事故でケガや後遺症を負った場合、弁護士に相談することには、大きなメリットがあります。

ここでは交通事故の被害者が、弁護士に相談する前に知っておきたいことや準備しておきたいことを説明します。

1.交通事故に遭ったら弁護士に相談した方がいい?

(1) 交通事故の損害賠償金を受け取るしくみ

交通事故の被害者になったら、加害者が加入している自動車保険の会社から、保険金(損害賠償金)を受け取ることが出来ます。

被害者が受け取れる損害賠償金額は、交通事故で発生した損害額や被害者側の過失の程度によって変わります。

損害賠償金額は保険会社が算定して被害者側に提示しますが、被害者側としてはそれが妥当な金額であるのかの判断が出来ません。

保険会社は加害者側の立場ですから、保険会社に言われるままの金額で示談に応じてしまうと、十分な補償が受けられないことがあります。

(2) 交通事故を弁護士に相談するメリット

交通事故を弁護士に相談した場合、弁護士は損害賠償金として適切な金額を算定した上で、代理人として保険会社と交渉します。

弁護士が算定する金額は、裁判になったら得られるであろう損害賠償金額で、保険会社が基準としている金額よりも高額です。

保険会社の側も、弁護士の要求に応じなければ裁判を起こされると考えますから、示談に応じる可能性が高くなります。

つまり、交通事故を弁護士に依頼すれば、ほとんどの場合受け取れる損害賠償金額は増額します。

(3) 弁護士費用特約に加入していれば費用の心配もない

任意保険には、交通事故の被害に遭った際の弁護士費用を補償してくれる弁護士費用特約があります。

自分が加入している任意保険で弁護士費用特約を付けていれば、弁護士に依頼した場合にかかる費用について、300万円まで(法律相談については10万円まで)保険会社に払ってもらえます。

たとえ弁護士費用特約が使えなくても、弁護士に依頼すれば受け取れる損害賠償金額が大きく増える可能性があります。

交通事故では、費用を払ってでも弁護士に依頼した方が、得すると考えられます。

2.交通事故を相談する弁護士はどうやって探す?

(1) 弁護士選びの方法

交通事故を相談する弁護士を見つける方法としては、次のような方法があります。

①友人・知人の紹介

知り合いに弁護士を知っている人がいれば、紹介してもらう方法があります。知り合いの紹介は、直接評判を聞けるという安心感があります。

ただし、紹介の場合は、弁護士と相性が合わないと感じたときなどに、断りにくいという難点があります。

②弁護士会

弁護士会は各都道府県に1つ以上設置されており、その地域に事務所を設置しているすべての弁護士が加入しています。

弁護士会を通じて弁護士に相談する場合、弁護士を紹介してもらって直接相談に行く方法と、弁護士会で実施している法律相談に申し込む方法があります。

弁護士会の法律相談は原則として有料ですが、交通事故案件の場合には通常は無料相談の扱いになります。

③法テラス

法テラス(日本司法支援センター)では、収入などの要件をみたせば、弁護士による法律相談を無料で受けることができます。

法テラスで法律相談を対応してもらった弁護士に、そのまま案件を依頼することも可能です。

法テラスを通じて依頼できる弁護士は、法テラスと契約している弁護士のみになります。

④日弁連交通事故相談センター

日弁連交通事故相談センターは、日弁連が設立した公益財団法人で、交通事故の示談あっせんなどを行っています。

日弁連交通事故相談センターでも、各地の相談所で無料相談を受け付けており、弁護士に交通事故の相談ができます。

⑤インターネット

インターネットで検索して弁護士を探す方法もあります。

検索エンジンを利用して直接検索する方法もありますが、弁護士検索サイトを利用して交通事故に強い弁護士を探す方法もあります。

現代では、インターネットを利用するのが最も手っ取り早く弁護士を探す方法です。

ただし、検索の上位に上がってくる事務所が必ず良いとは限りませんから、慎重に見極める必要があります。

(2) 役所で弁護士を紹介してもらえる?

一般に、市役所や区役所では弁護士の紹介を行っておらず、弁護士会等の連絡先を教えてもらえるだけになります。

役所で住民向けに実施している法律相談を利用して弁護士に相談する方法もありますが、担当してもらった弁護士にそのまま案件を依頼することは、通常はできないようになっています。

3.交通事故を相談する弁護士を選ぶポイントとは?

(1) 交通事故の解決実績を確認

弁護士が取り扱うことができる分野は、非常に幅が広くなっています。

弁護士であれば皆交通事故案件を扱ったことがあるわけではなく、交通事故案件の解決実績のない弁護士もたくさんいます。

交通事故案件の実績のある事務所であれば、ホームページに交通事故の解決事例や解決件数が掲載されているはずですから、よく読んで検討しましょう。

(2) 交渉力のある弁護士を選ぶ

交通事故の損害賠償請求では、加害者側の保険会社との交渉が必要になります。

請求額の根拠をきちんと説明し、保険会社を納得させられる交渉力を持った弁護士に依頼するのが安心です。

相談に行ったときには、こちらの話を親身に聴いてくれるだけでなく、相手方に対し言うべきことをきちんと言ってくれそうな弁護士かどうかを判断しましょう

(3) 費用だけで選ぶのは危険

弁護士費用は一般に高額ですから、依頼するなら少しでも費用が安い弁護士の方がよいと考えてしまいがちです。

交通事故では弁護士費用特約が使えることもありますから、そもそも費用は気にしなくてよいこともあります。

また、交通事故案件では、弁護士のスキルによって獲得できる金額が大きく変わってきます。

知識・経験の豊富な弁護士に依頼するとそれなりに費用がかかりますが、それで損することはありません。

なお、信頼できる事務所は、料金体系が明確になっています。

金額が高いかどうかうよりも、きちんとした見積もりを提示してくれるかどうかで選びましょう。

(4) 弁護士選びには無料相談を活用

法律事務所では、初回無料で交通事故の相談に対応しているところが多くなっています。

納得のいく弁護士選びをしたいなら、いくつかの事務所に相談に行ってみて、比較検討して決めるのがおすすめです。

実際に相談に行ってみると、ホームページではわからなかったことが見えてきます。

無料相談でもしっかりと話を聞き、丁寧な対応をしてくれる事務所を選びましょう。

4.弁護士に相談する前に準備しておくとよいものは?

(1) 弁護士に相談するなら予約が必要

弁護士に相談したい場合、飛び込みで法律事務所を訪問しても、対応してもらえません。

事前に必ず電話やメールで予約をしておきましょう。

弁護士は多忙ですから、こちらの希望日時に予約を入れられるとは限りません。

問い合わせする際には、候補日をいくつか用意しておくとスムーズです。

(2) 相談時に持参するもの

交通事故について弁護士に相談するときに何を持って行ったらよいのかは、予約するときに確認しておくようにしましょう。

基本的には、次のようなものを持参していくと話が伝わりやすくなります。

交通事故に関係する書類一式

事故に関係する書類で手元にあるものはすべて持って行く方がよいでしょう。保険会社から届いた書類や担当者の名刺があれば持参します。

交通事故証明書や診断書などは、あれば持って行くべきですが、入手していなければ相談時にはなくてもかまいません。

損害賠償請求に必要な書類は、依頼後に弁護士の方で揃えてもらえます。

自分が加入している任意保険の保険証券

自動車保険というのは、交通事故の加害者になったときに保険金が支払われるものですから、自らが被害者であるときには原則として使えません。
しかし、弁護士費用特約や人身傷害補償特約を付けていれば、被害者になったときにも保険が使えます。
自分が加入している任意保険の内容がわかるもの(保険証券など)を持って行くとよいでしょう。

経過について記載したメモ

相談の際には、時間が限られていますから、これまでの経緯について要領よく弁護士に伝えなければなりません。
経過について記載したメモを用意しておけば、スムーズに話が伝わります。

印鑑・身分証明書

相談後に弁護士に解決を依頼する場合には、弁護士と委任契約を結ぶ必要があります。
印鑑を持って行けば、その場で委任契約書に押印し、契約締結することもできます。
本人確認を求められることもありますから、免許証等の身分証明書も持って行くとよいでしょう。

5.交通事故は泉総合法律事務所川口支店へご相談下さい

交通事故で十分な補償を受けるには、損害賠償請求についての詳しい専門知識を持ち、事故解決の実績も豊富にある弁護士に依頼することが欠かせません。泉総合法律事務所の各支店には、交通事故の解決実績が豊富にあります。費用体系も明確になっているので、安心してご相談いただけます。

交通事故の被害者になってしまった方は、是非一度泉総合法律事務所川口支店へご相談下さい。

無料相談受付中! Tel: 0120-011-443 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-011-443
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ