交通事故

正当な示談金と後遺症認定のために〜弁護士に依頼する5つのメリット

交通事故に強い弁護士に依頼する5つのメリット

交通事故に遭ってしまったとき、事故の相手側と損害賠償などについての話し合いをしても、どうも納得できない、相手側の保険会社の担当者に言い負かされてしまう、といったこともあります。

そんなとき、このまま自力で話し合いを進めたら良いのか、それとも弁護士に依頼したら良いのか、悩むところだと思います。

そして、弁護士に依頼したとしても、弁護士費用もどれだけかかるか分からないし、示談金よりも弁護士費用がかかってしまって、結局支出が増えるだけなのでは…と金銭面での心配をする人も多いでしょう。

ここでは、交通事故に遭ったときに、交通事故に強い弁護士に依頼すると、どのようなことが違ってくるのか、その5つのメリットを説明します。

また、弁護士費用についても、負担をなくす何かよい方法はあるのか探ります。

1.メリットその1:示談金の大幅な増額

交通事故に強い弁護士に依頼する1番のメリットといえるのが、示談金の大幅な増額です。なぜ大幅に増額できるのかは、仕組みをみていくと納得できると思います。

まず、交通事故に遭ったとき、その交渉の相手は、事故の相手側が加入する保険会社の示談担当者になることがほとんどです。

でも、保険会社の示談担当者だから、交通事故の話し合いのプロだし、ほとんどのことは任せてしまって、言われたとおりにすれば大丈夫!と思ってはいませんか?

実は、保険会社の社員の立場にたって考えれば理解できることなのですが、保険会社も営利企業なので、そこで働く以上、その担当者も自社の利益を追求しなければならない立場にいるのです。

つまり、保険会社の示談担当者は、出来るだけ支払う賠償金を少なくする必要があるということです。

ですから、相手側の保険会社の示談担当者が提示する示談金の額は、裁判などになった場合に決着する額よりも、少ない金額を提示しているのです。

しかし、交通事故に強い弁護士に依頼すれば、弁護士は、保険会社が提示する金額より大幅に増額する裁判例にもとづいた弁護士会作成の基準で算出した金額で交渉します。

相手側はというと、弁護士に依頼しているなら裁判も辞さないという気持ちなのだなと、こちらの本気度を理解します。

そして、事故の相手も相手側の保険会社も、できるだけ裁判などの大ごとにしたくない、裁判になったとしても弁護士が提示する方の金額が認められる可能性が高いから勝ち目はない、と思うものです。

そのため、弁護士が提示した金額に近い示談金で交渉が成立する可能性が高くなり、大幅に示談金が増額されるという仕組みがあるのです。

2.メリットその2:後遺障害等級の認定に有利

交通事故に強い弁護士に依頼すると、後遺障害等級の認定に有利になるというメリットもあります。

後遺障害等級の認定を受けると、その等級に応じた後遺障害慰謝料(後遺障害が残ったことに対する精神的苦痛を補償するもの)と逸失利益(後遺障害が残ったことによって失った利益で、得るはずであった収入などを補償するもの)を請求することができます。

ですから、同程度の症状であっても、後遺障害等級の認定を受けることができた場合と認定を受けることができなかった場合では、請求できる金額に大きく差が生じることになります。

後遺障害等級の認定は、損害保険料率機構という機関の調査事務所が行っていますが、原則として書面審査のみで行われています。この書面審査のみ、というのが大きなポイントです。

書面審査のみ、ということは、等級に該当する症状があっても、書類によっては認定を受けることができるかできないかが分かれてしまう可能性がある、ということです。

怪我をした場合、病院の医師に診断を受けます。医師は、治療に関してのプロフェッショナルではありますが、どのような書面を用意すれば後遺障害等級の認定を受けられるかといったことまでは分からないことがほとんどです。

ですから、患者側が、認定を受けられる内容の書面を揃えていかなければならないのですが、どういった内容の書面が必要になるかを判断することは、とても難しいことだと思います。

交通事故に強い弁護士に依頼した場合、事故後の早い時期であれば、どのような検査を受けて、どのようなレントゲンなどの画像があれば、後遺障害等級の認定を受けやすいかといった治療の方向性のアドバイスを受けることができるので、後遺障害等級の認定が確実に受けられる可能性が高まるのです。

3.メリットその3:保険会社との交渉から解放される

交通事故の相手側との示談交渉は、利害が対立するので、大きな精神的なストレスがかかるものです。相手が全面的に自分の過失を認めて誠意をもって対応してくれるとは限らず、感情的になってしまうことももちろんあるでしょう。

交通事故に遭い、怪我をすれば、職場や家族などの周囲に負担をかけてしまうことへの申し訳ない思いや、怪我による今後の生活への不安出てきた…と、心をすり減らすことがたくさん出てきます。そこに相手側との交渉が難航して、その対応に一喜一憂せざるを得ないといった状況が加われば、尚更その負担は計り知れないものがあります。

弁護士に依頼すれば、相手側との示談交渉を弁護士に任せることができます。そして、主張したいことを感情的にならずに弁護士を通して伝えられますから、相手側と交渉するストレスから解放されるのです。

人によっては、弁護士に依頼するメリットでは、示談交渉から解放されることが最も大きなメリット、と感じる場合もあるでしょう。

4.メリットその4:刑事事件や裁判になっても安心

交通事故の加害者側になってしまった場合、刑事事件になることもあります。逆に、被害者側でも、加害者を刑事事件で適正に裁いて欲しいと感じることもあります。

そういった刑事事件に対してどう対処するべきかという点まで豊富な知識や経験をもってアドバイスできるのは、弁護士しかいません。

また、相手側との示談交渉がうまくいかない場合、調停や裁判になることがあります。

弁護士は、ご存知の通り、裁判などにおいてもプロフェッショナルです。ですから、交通事故に強い弁護士に依頼すれば、実際に裁判を起こした方が良いかどうかの判断も含めてアドバイスが受けられますし、裁判になっても大丈夫だという安心感も持てるのです。

交通事故に強い弁護士に依頼するメリットとして、刑事事件になっても裁判になっても、その分野のエキスパートが自分のそばにいる、という安心感も大切なものです。

5.メリットその5:弁護士費用特約で弁護士費用の負担0

弁護士に依頼したいけれど、高い報酬を払わなければならなくなって、結局損してしまうのではないか…と、金銭面での心配する方も多いものです。

弁護士に依頼するということ自体の敷居が高く感じてしまいがちですが、弁護士による無料相談などが案外身近で行われているものです。

お住いの市区町村などでも弁護士による市民相談として無料で相談できる機会を設けていたり、弁護士会などでも無料相談をしたりしているので、ホームページなどで調べてみると良いでしょう。

また、あまり知られていないのですが、保険には、弁護士費用特約という保険会社が300万円程度の一定額まで弁護士費用を負担してくれるサービスがあります。

これは、交通事故の被害者になってしまい、加害者側との交渉を弁護士に依頼したいと思った場合には、被害者自身が加入する保険に弁護士費用特約がついていれば、その保険会社が弁護士費用を負担してくれるというものです。

もし、自身が加入する保険に弁護士費用特約がついていなくても、キャッシュカードに付いている保険や家族の保険に弁護士費用特約がついていて利用できる場合もあるので、保険内容を再確認してみましょう。

このように、金銭的な心配をしなくても依頼できる可能性があることも、弁護士に依頼するメリットといえます。

6.交通事故に遭ったら泉総合法律事務所へ

交通事故に遭ったときに、交通事故に強い弁護士に依頼すると、5つの大きなメリットがあります。この5つのメリットによって、自力で解決する場合とは、大きな違いが出てくることがお分かり頂けるでしょう。

また、依頼する際には、弁護士費用の負担を減らすために、弁護士費用特約などを活用しない手はありません。

自力で解決するよりも、専門家に任せてしまって、負担を減らすことも一つの大切な判断です。

そして、最小限の負担で、最大限の補償を受けるためには、弁護士費用特約などを活用して、弁護士の中でも交通事故に強い弁護士に依頼すると良いでしょう。

交通事故に遭ったら、解決実績豊富な泉総合法律事務所へご相談下さい。初回のご相談は1時間無料となっております。

無料相談受付中! Tel: 0120-011-443 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-011-443
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ