債務整理

川口市で債務整理をしたい場合に知っておきたいこと

川口市で債務整理をしたい場合に知っておきたいこと

川口市は、埼玉県の南端に位置しており、人口は約587,000人(2018年4月現在)で、県内第二位の人口を誇っています。

荒川を隔てて、東京都の足立区、北区と接しているため、東京都のベッドタウンとして発展してきました。

市内をJR京浜東北線、JR武蔵野線、SR埼玉高速鉄道線が走っており、東京都中心部はもちろん、埼玉県内の各市へのアクセスも大変良いため、住宅地としての人気が高く、近年はタワーマンションの建築も盛んに行われています。

名産品としては、鋳物が有名であり、昔ながらの職人技が現代も継承され続けています。

今回は、そんな川口市での債務整理について見ていきたいと思います。

1.川口市にある地方裁判所・簡易裁判所について

川口市内には、以下のような裁判所があります。

川口簡易裁判所
〒332-0032 埼玉県川口市中青木2-22-5
JR京浜東北線川口駅東口下車→徒歩17分
JR川口駅東口下車→国際興業バス乗場7・8・9番→青木会館入口下車→徒歩2分
048-252-3770

また、市内に地方裁判所は無く、さいたま市にある以下の裁判所が最寄りの地方裁判所となります。

さいたま地方裁判所
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂3-16-45
JR京浜東北線・高崎線・宇都宮線浦和駅西口下車→徒歩約15分
JR埼京線中浦和駅下車→徒歩約15分
浦和駅西口から国際興業バス「志木駅東口・西浦和車庫・蕨駅西口(北町4経由)→県庁前下車」
048-863-8655(破産・再生係「民事再生」)
048-863-8634(破産・再生係「破産同時廃止」)
048-863-8639(破産・再生係「破産管財」)
043-863-8654(破産・再生係「破産管財」)

特定調停の場合は、川口簡易裁判所で行われることになりますが、自己破産や個人再生の手続きは、地方裁判所での扱いとなるため、さいたま地方裁判所へと申し立てをします。

また、過払い金返還請求の場合は、140万円以内なら簡易裁判所へ、それ以上なら地方裁判所での扱いとなります。

2.自己破産や個人再生手続の申立裁判所の管轄について

自己破産や個人再生の手続きや申し立てをする場合、申し立て人が住んでいる住所によって、申し立てをする管轄の裁判所が決められています。

川口市にお住まいの場合、前述した通り、さいたま地方裁判所へ申し立てすることになります。

他に、さいたま地方裁判所へ申し立てするのは、基本的に、お住まいのエリアがさいたま市、蕨市、戸田市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、鴻巣市、上尾市、桶川市、北本市、蓮田市、北足立郡(伊奈町)、久喜市、加須市、幸手市、白岡市、南埼玉郡(宮代町)の方となります。

(ただし、裁判所の管轄エリアに関しては、一部例外や変更が発生する場合もございます。)

3.裁判所の費用について

自己破産や個人再生の際に裁判所に納める費用は、申し立てをする裁判所によって異なるため、注意が必要です。

今回は、川口市の管轄であるさいたま地方裁判所に申し立てした場合の費用を紹介していきます。

(1) 自己破産の場合

自己破産の手続きには、手続きを行うための費用をはじめとした様々な費用がかかります。

そのため、裁判所に対してその費用に充てる金額を支払う必要があり、これを予納金といいます。

さいたま地方裁判所では、10,584円となっています。その他に収入印紙代1,500円、82円切手が債権者数+5毎分必要となり、だいたい13,000円程度となります。

上記は、財産を所有していない「同時廃止」手続きの場合です。財産を所有している「管財事件」の場合は、破産管財人費用がかかります。

破産管財人は、裁判所から選任され、破産者の財産を管理し、債権者に返済する役割をする人のことです。

破産管財人費用は、負債総額によって増加していきますが、通常50万円~となります。

  • 5000 万未満 :50 万円
  • 5000 万~1 億未満 :80 万円
  • 1 億~5 億未満 :150 万円
  • 5 億~10 億未満 :250 万円
  • 10 億~50 億未満 :400 万円
  • 50 億~100 億未満 :500 万円

(2) 個人再生の場合

個人再生の場合は、収入印紙代が10,000円、官報広告費用の予納金が12,268円、予納郵券(切手代)が、100円×5枚、92円×債権者数、82円×10枚、10円×10枚、1円×20枚分かかります。

その他に、個人再生委員の報酬としての予納金を支払うことになります。

個人再生委員とは、大変複雑である個人再生の手続きをするため、借金がどれくらいあるのかや、所有している財産の調査などを行い、サポートしてくれる監督人のような役割を果たしてくれる人のことです。

個人再生委員の報酬としての予納金は、15万円~20万円程度かかります。

この金額は、住宅資金貸付債権に関する特則を利用するか、しないかによって変わってきます。

住宅資金貸付債権に関する特則は、「住宅ローン特則」などとも呼ばれており、住宅ローンの返済はそのまま継続していくことになるので、この特則を利用すれば、マイホームを手放すことなく、その他の借金だけを減額することが可能です。

4.川口市にある主な公営ギャンブル・パチンコパチスロ店

借金そのものが決して悪いわけではありません。むしろ住宅ローンなど、計画的な借金は人生を豊かにします。

ところが、パチンコ、競馬、競艇、競輪などギャンブルのための借金は、自らの人生を苦しめることになってしまいます。

そうならないためにも、日頃からギャンブル依存には注意が必要です。

川口市には川口オートレース場をはじめ、以下のようなパチンコ、パチスロなどのギャンブル施設があります。

  • デルパラ川口店
  • ミュー川口芝店
  • マルハン川口店
  • ピーアーク川口
  • ドリームランド
  • ジャンボ21

ギャンブルはほどよく遊ぶことを心がけ、決して借金までして遊ばないよう注意しましょう。

もしも、すでに借金を抱えてお困りの方は、ギャンブルの借りをギャンブルで返そうとせずに、できる限りお早めに弁護士までご相談ください。

5.川口市の主な消費者金融

川口市は埼玉県の中でも人口が多い地域のため、大手の消費者金融の店舗や無人機が多く展開しています。

アコム

  • 川口むじんくんコーナー
  • 川口けやき通りむじんくんコーナー
  • 川口駅東口幸町カードローンコーナー
  • 産業道路芝むじんくんコーナー
  • 蕨むじんくんコーナー
  • 西川口むじんくんコーナー
  • 122号川口朝日むじんくんコーナー

プロミス

  • イオンモール川口自動契約コーナー
  • 三井住友銀行川口ローン契約コーナー
  • 三井住友銀行川口芝園出張所ローン契約コーナー
  • 三井住友銀行わらび東口出張所ローン契約コーナー
  • 西川口自動契約コーナー
  • R122号川口自動契約コーナー
  • 川口駅前自動契約コーナー

モビット

  • 川口駅前コーナー
  • 産業道路川口芝コーナー
  • 川口朝日コーナー

消費者金融の無人機は、簡単な審査で即日借り入れができるケースが多いため、ついつい借金が貯まってしまうことがあります。ただ、借金を返すために借金を繰り返してしまうと、借金は減るどころかどんどん増えてしまいます。

借金を減らすためには「債務整理」という法的手続きがとても有効です。場合によっては、過払い金が発覚してお金が戻ってくるケースもあります。

川口市、蕨市、さいたま市、京浜東北線沿線にお住まい、お勤めの方、で借金問題にお困りの方は、お早めに泉総合法律事務所川口支店の弁護士までご相談ください。

無料相談受付中! Tel: 0120-011-443 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-011-443
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ