債務整理 [事例1]

キャバクラなどの遊興費で借金650万円⇒自己破産して借金0円に。

40代男性
債務整理方法借金総額
自己破産 650万円 ⇒ 0円

背景

Aさんは給料の半分くらいをキャバクラでの飲食費に使っていました。その後、上司と折り合いが悪くなり会社を辞め、アルバイト勤務になったのちも、キャバクラ通いを続けた結果、借金総額は600万円を超えていました。
今後の返済や生活に不安を覚えたAさんは、借金を整理すべく当事務所を訪れました。

対応

Aさんは「キャバクラが原因で作ってしまった借金が、果たして全額免除されるのか?」と半信半疑の様子でした。そこで、弁護士から「借金理由がきちんと改善されており、多額の借金について反省している態度を示すことができれば、免責を得ることができる」と説明したところ、ようやくAさんの理解を得ることができ、自己破産手続(管財事件)を進めていくことになりました。
まずは、Aさんには倹約に努めてもらうよう家計簿の作成をお願いしました。
また、申立後には、管財人に対して①今後はキャバクラ通いを一切やめること、②借金を作ってしまったことについて深く反省していること、などを主張しました。

結果

Aさんの倹約姿勢や反省の態度をきちんと示すことができた結果、管財人や裁判官にAさんの事情を理解してもらうことができ、無事に裁判所の裁量免責によって借金全額が免除されました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-011-443 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-011-443
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ