刑事事件 [事例4]

会社帰りに痴漢行為⇒早期釈放・被害者との示談成立・不起訴処分

50代男性
罪名結果
痴漢 早期釈放・示談成立・不起訴処分

背景

Aさんは飲み会の帰りに酔った勢いで女性に痴漢行為をはたらいてしまいました。Aさんは被害女性に腕を掴まれ、そのまま、警察署へと連行され逮捕されました。
警察から夫の逮捕の知らせを受けたAさんの奥様から刑事弁護の依頼があり、お受けしました。

対応

Aさんが検察に送致されるまで、あまり時間的な余裕がなかったこともあり、まずはAさんを早期釈放させることに注力しました。
そこで、①「もし仮にAさんが釈放されたならばきちんと監督する」という旨の身元引受書を奥様に作成いただき、②同じ車両には二度と乗らないことをAさんには約束してもらいました。その他にも、弁護士が作成した意見書を添えて、前述①②について検察官へ提出しました。その結果、検察官は理解を示し、Aさんは無事に釈放されました。
その後、検察から被害者の連絡先を入手し、被害者との示談交渉に臨みました。

結果

身元引受書や意見書などを検察官に提出した結果、Aさんは早期釈放となりました。
また、被害者との示談が成立したこともあり、無事に不起訴処分となりました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-011-443 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-011-443
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ