弁護士インタビュー

川口支店長 埼玉弁護士会福島 晃太弁護士

泉総合法律事務所川口支店長、福島晃太(ふくしまこうた)弁護士のインタビューです。ご相談いただくにあたり、心がけていることなどをインタビューしました。

プライバシーがしっかりと守られており、安心してご相談いただけます

――― まずは、川口支店についてお聞かせください。川口支店の事務所周辺の街の雰囲気や印象、駅からの道のりで、歩きやすさ・道の分かりやすさなど、来所しやすさにつながっている特徴をご紹介ください。

川口支店は、JR川口駅から徒歩5分くらいの産業道路沿いにあります。産業道路はJR川口駅東口に面して通る道路ですので駅前の通りを真直ぐ進むと到着します。事務所は建物の7階になりますが、エレベーターが完備されておりますので、ご高齢の方なども安心してご来所いただけます。

川口市は古くから鋳物の街として知られ、近年では東京に隣接するという立地を生かしてタワーマンションも立ち並ぶようになったという背景があります。事務所は駅に近いこともあってマンションが多く立ち並ぶ地域にありますが、少し歩を進めれば鋳物工場もまだまだ健在です。近くには商店街も広がり、飲食店も多数あります。

 

――― 事務所の相談室の特徴をご紹介ください。また、ご相談者様のプライバシー配慮、相談しやすい雰囲気のために工夫していることがあればご紹介ください。

相談室はコンパクトサイズとなっていて近い距離で弁護士と相談ができます。部屋の広さ自体はコンパクトですが窓に面した部屋ですので閉塞感を感じることもありません。また、事務所は建物の7階にありますので、窓に面していてもプライバシーはしっかりと守られています。ご安心して相談できる環境づくりに努めています。

 

専門用語はできる限り日常でよく使う言葉に置き換えながら説明することを心がけています

――― 福島先生のご相談者様への対応についてお聞かせください。できるだけ早くレスポンスをするために、心がけていることや、ご相談者様と同じ目線で法律相談をするために、心がけていることなどをご紹介ください。

ご依頼者様よりお電話を頂いた場合、可能な限り速やかにレスポンスすることを心がけています。お尋ねいただいた内容によっては調査・確認に多少のお時間を頂くこともありますが、調査・確認をしっかりと行ったうえで回答致します。

「弁護士に相談しても専門用語が多すぎて何を話しているのか分からなかった。」ということでは折角弁護士に相談しても意味がありません。そのため、専門用語はできる限り日常でよく使う言葉に置き換えながら説明することを心がけています。こちらからの解決策や提案をしっかりと理解していただいたうえでご依頼いただくことが大切と考えています。

借金問題をはじめ、ご依頼者様一人一人抱えているご事情が異なりますので、他の方と全く同一のご相談というものはありません。しかしながら、「過去に取り扱った案件と類似している」ということはあります。そのため、数多くの事件に取り組んできた経験というものは、これからご依頼を頂くご依頼者様に解決方法をご提示する際の一つの大きな指針となります。これまでの経験を踏まえた解決策のご提案ができるよう心がけています。

 

――― 法律相談で、ご相談者様と接する際、先生が大切にしていることや、事件解決にどのように取り組んでいきたいかの意気込みをご紹介ください。

初めてご相談に来られる方は、初見の弁護士に自身の抱えているトラブルの相談をすることになります。そのため、自分の考えを上手く伝えられない、緊張して話ができないということも珍しくありません。

そのため、話をよく聞き要所ごとに認識のズレがないかを確認したり、弁護士の説明の中で不明点がないか時間を取って確認したりと「相談してよかった」と思っていただける面談になるよう、心がけています。

 

――― 先生にとって、事件解決に取り組む際のモチベーションとなっているものをご紹介ください。

弁護士に相談に来られる方のほとんどが何らかの悩みやトラブルを抱えていらっしゃいます。その不安感が表情に出ている方も決して少なくありません。その紛争やトラブルが無事解決でき、依頼者の方が安堵した表情を見られることが何よりの励みになります。

 

――― 法律相談における早期相談の重要性について、痛感したエピソードがあれば、ご紹介ください。

特に借金問題の場合ですと、遅くなれば遅くなるほど状況は悪化する傾向にあります。最初に面談のご予約を頂いた際の簡易な聞き取りの際には負債額もそこまで大きくなく「車を残したい」との希望もあり、任意整理での解決も十分可能性がありました。

ところが、その日の面談はご本人の都合でキャンセルとなってしまいました。暫く間を置いて再度のご予約があり、面談を行った際には借入がさらに膨らんでいて任意整理での解決が困難な状態に陥っており、結局は法的手続を取らざるを得なくなり、車も手放すことになりました。早期相談の重要性を痛感したケースでした。

 

――― 最後に、お聞きします。先生は弁護士として、ご相談者様に何を提案又は提供したいとお考えですか。

弁護士である以上、法的な解決は最も意識しなければならない点の1つです。ご依頼者様のトラブルに対して法的な解決手段としてどのような方法があるのか。メリット・デメリットはどのようなものがあるのかを踏まえてご提示します。

それと同時にご依頼者様のお考えやお気持ちも意識するべき大切な点の1つとなります。適法かつご依頼者様のお気持ちに適う解決方法を見つけるため、十分な説明やご希望点の聴き取り、十分な協議に努めていきます。

 

――― インタビューは以上です。福島先生、ありがとうございました。

ありがとうございました。

無料相談受付中! Tel: 0120-011-443 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-011-443
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ